慢性の肩こりや首こりを招く、肩や首の緊張型体形

体のゆがみ方によって、慢性的な肩こりや首のこりに悩まされやすい体形の共通点があることに、20年以上にわたる上部頚椎カイロプラクティックの臨床経験により気づきました。

「体調不良に陥るほどに体のゆがみが増す」という法則通りに、体がゆがみを増すほどに肩こりや首筋のこりもひどくなる一方なのですが、肩こりや首こりに悩まされている方は、やはり肩や首に圧力が掛かるような曲がり方をした体形をしています。

この肩や首の周辺に掛かる圧力が解消されて、肩首の筋肉の緊張がゆるむと、一時的ではなく永続的な肩こりの対策につながるはずです。

◆ 肩こりや首筋のこりが重症になる、体のゆがみによる体形

いかり肩

◇ 鎖骨が左右一直線ではなく、V字になっている

◇ ねこ背

◇ 肩幅に左右差がある

◇ 片方の肩が前になって、よじれている

◇ 頭が傾いて、耳の高さが違う(頭の軸の傾き)

◇ 瞼が下がっている( 眼瞼下垂 )

以上のようなケースは、肩こりが起きやすい体形なのですが、上部頚椎の矯正後に体のゆがみが改善されて、肩や首の緊張が緩んでくるとなで肩になってくるという特徴があります。

特に、いかり肩の方は、肩が常に緊張していて重度の慢性肩こり症で、寝てもさめても肩の力が抜けないタイプであることが多いです。

例えばテニスや野球、柔道・剣道などの偏った動きを繰り返すスポーツの、数年間の積み重ねで左右の肩幅に差が出てしまうことも多く見受けられます。

無意識に悪い姿勢を正そうとして背筋を伸ばすという癖を一日何十回も続けているうちに、特定の場所に力が加わり背骨が凹んで胸を反っているような体形を作り上げ、肩こりや首筋のこりの一つの原因を作ってしまうパターンもあります。

「姿勢を正そう」という意識を根底から捨てないといけませんが、ただし同じ体勢で長時間座り続けるのは不可能ですから、姿勢を変えるのは問題はありませんし、足を組むのも大丈夫です。

「オフィスワークのパソコン作業の眼の疲れから肩こりがひどくなる」との、訴えが多いのですが、眼精疲労からの肩こりよりもキーボートやマウスを頻繁に操作し続けることでの手指や手首の使い過ぎから肩こりが起きているようです。

手指を酷使し続けると、その反作用は神経を介して、背骨から枝分かれして手に向かう神経が流れている、首の骨の頚椎にひずみが起きて肩こりや首筋のこりが酷くなるのです。

特に、キーボードを機関銃のように強く速く叩くことによって、肩こりや首筋のこりが顕著に現れますし、腱鞘炎やバネ指にもなりかねないのです。

一番の対策は、ノートパソコンのような浅くて軽いキーボードタッチのものに取り換えれば、肩首のこりは軽減するはずです。

上部頸椎カイロプラクティックによって体のゆがみが矯正されると、肩こりの起きやすい体形も改善されてゆきます。

 
     
 

肩の痛みと
肩こりの症状

肩の筋肉の緊張は、肩こりに結びつきやすいのです。

辛い肩の痛み抱えた男性

胃もたれや
辛い胃痛の原因

自然修復力は辛い逆流性食道炎と胃痛にも対応いたします。

胃痛を表したイラスト