肩こりと不定愁訴

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは私達の体に起こる様々な不調や不具合の総称で、「どうも具合が優れなくて、何となく体調が悪い」という自覚症状を訴えるが、病院の精密検査をしても正常値が出て、原因となる病気が見つからない状態を指します。

このような患者さんは「自律神経失調症」と診断されるのがおちでしょうが、このようなことは、まさしく病院での形態を表していて、患者さんからの訴えは強くても、検査をして原因となる病気が見つからない場合は、客観的所見に乏しいとして「何処も悪くない」と片付けられてしまいます。

現代医学では「病気の本質を症状に限定して早急な方法で対処し、それを抑えてしまおう」という考え方ですから、検査をしてみて、その基準にあてはまらないものは病気ではなく、気のせいだと片付けられてしまっているのです。

不定愁訴とは文字通り、現代医学では対処し難いものを寄せ集めて名づけられたような病名です。「自律神経失調症」という病名も、体調が優れない場合は、必ず自律神経のバランスも狂っていることを考えると、これほどナンセンスなものはなく、また医師に反論しても上手くかわされてしまうような逃げ口上のようにも思われます。

不定愁訴とは、現代医学の矛盾を集積したようなものであり、病人像の捉え方として便宜上の区別を付けて現代医学の客観的な観察(検査)・評価(診断)の対象としているだけで、所詮、治癒に導くには困難を極めているのが現状なのです。

病院へ行って「首筋のこり」、「肩こり」や「腰痛」を訴えても、レントゲン検査などをされ、痛み止めや筋弛緩剤等を処方されるか、挙句の果ては手術をしろと勧められるのが関の山ですが、これは「肩こり」や「腰痛」さえも、現代医学では治らないと解釈していいのではないでしょうか?

◎ 不定愁訴として現れやすい症状(不定愁訴症候群)

◇ 肩こり

首筋のこり

◇ 倦怠感

◇ 疲労感

◇ 睡眠障害(不眠症)

◇ 吐き気

頭痛と頭重

胃痛と胃もたれ(胃部膨満感)

動悸と息切れ

便秘と下痢

冷え性

◇ 口の渇き(口内乾燥症)

◇ 寝汗

◇ 不安感(イライラする)

眼精疲労

神経圧迫の起きている上部頚椎のたった一箇所のズレを矯正して自然治癒力を100%発揮させ、脳-脊髄-末梢のまでの神経ネットワークから脳中枢へ正しい情報が伝達され、その的確な情報に基づいて、正しい指令が全身へ届く・・・体の中で診断即治療が行われているのです。

これが自然治癒力そのものなのですが、病気が重い軽いに関わらず、しかも体調維持にも懸命に働いているわけですから、現代医学の片隅に追いやられた不定愁訴でも、上部頚椎カイロプラクティックの自然治癒力・整体作用により充分に対応できるのです。

不定愁訴にも、上部頚椎カイロプラクティックは対応いたします。

 
     
 
顔のゆがみメッシュ
脳血管
肩甲骨のズレと背骨のゆがみは、肩こりの原因になる。
胃の神経路

肩の痛みと
肩こりの症状

肩の筋肉の緊張は、肩こりに結びつきやすいのです。

辛い肩の痛み抱えた男性

胃もたれや
辛い胃痛の原因

自然修復力は辛い逆流性食道炎と胃痛にも対応いたします。

胃痛を表したイラスト